住宅ローンを申し込む銀行選びの方法は?

住宅ローンを申し込もうと思ったらまず、どこの金融機関に申し込みをするか決めないといけません。
銀行でも良いですし、労金・ネットバンクなど多くの金融機関で住宅ローンを組めます。
申し込みをする所による住宅ローンの審査の違いは特別違った点はありませんが、店舗がないネットバンクですと、取引はネットを通して行います。
実店舗に行かなくて良いのでとても好評です。
また店舗がない為、経費節約ができ、金利も低いのが特徴です。
ネットバンクは支払いを少なくしたい方や忙しい人達にとても人気がある住信SBIネット銀行の住宅ローンです。
住宅ローンを組む時に一番気になるのは金利だと思います。
住宅ローンの金利は大きく分けて固定金利・変動金利があります。
どちらが良いかはその人が選ぶ事で、銀行から薦められる事はありません。
多くの銀行では、固定金利は高く、変動金利は低く金利が設定されています。
また、どちらの金利を選んでも審査が変わってくる。
と言った事は全くなく、常に公平に審査は行われます。
どっちの金利が良いかわからなくなった時は、銀行から発表される金利の推移をチェックすると良いです。
住宅ローン契約の時、必ず入らなくてはいけない保険があります。
それは団体信用生命保険という名前の保険です。
団体信用生命保険の内容は、ローンを組んでいる世帯主にもしもの事があった場合、残りのローンが無くなる。
という内容の保険です。
これは残されたご家族にローンの負担を残さない様にする為の特別処置です。
どこの保証会社に加入するかはその銀行によって違いますが保証料は銀行が負担してくれる所が多いです。
自分が保証料を支払う必要はないので、安心して住宅ローンを申し込む事が出来ますね。
毎月の住宅ローンの支払いをしているとまとまった現金を手に入れるチャンスもあるかと思います。
そんな時は、是非繰り上げ返済を検討してみましょう。
繰り上げ返済は月々のローンとは別のもので、まとめて現金を返済する方法です。
繰り上げ返済をすると、根本的なローンの元の金額を減らす事ができますので、借入額を減らす事ができます。
元の金額が減るので、月の返済金額も減ります。
繰り上げ返済には手数料がかかる銀行とかからない銀行があります。

住宅ローン審査通らない!フラット35は審査甘い?【ゆるい銀行は?】