クレジットカードとカードローンの注意点は?

クレジットカードやカードローンには、一体どういった注意事項があるのでしょうか。
法律の改正が行われたことによって、グレーゾーン金利は事実上消滅したといえます。
最近では、クレジットカードを用いたキャッシングやローンは、20%が金利上限と設定されています。
法を無視した貸付を行うようなブラック会社に対しては、法律の締め付けが強化されています。
クレジットカードやカードローンを、心配なく使えるようになっているのです。
クレジットカード決済で商品を購入したり、キャッシングカードとしても使いやすくなっています。
収入が不安定な状態にある人や、自分の自由に使えるお金についてきちんと把握していないと、キャッシングの返済額が月の収入だけで不足することがあります。
クレジットカードでのショッピングや、カードローンで借りたお金が、自分の収入の範囲では返済できない状態になってしまうことがあります。
ノンバンク系の金融会社から融資を受ける時は、年収の三分の一以下にするという法律が2010年6月から始まっているようです。
何枚かのクレジットカードで、個々に限度額いっぱいまでショッピングやローンを使った場合、利息も含めた返済総額が高額になることがあります。
お金を融資する側の各金融会社も、新規の顧客獲得にさまざまなサービスを展開しています。
たとえ低金利であろうとも、カードローンは借金です。
クレジットカードは手軽に使える嬉しい存在ですが、カードローンとは全く異なるものと考えるべきかもしれません。
イオン首都高カード?ETCと買い物がお得?【年会費無料の新定番】